<税理士の横のつながり>

開業税理士だと、自分のペースで仕事でき、組織に縛られることもないので良いのでは?
と思うかもしれませんが、決してそうでもありません。

安定した収入を得るにはそれだけ顧客も多く獲得しなければいけませんし、
絶えずいろいろな相談が来るので、こまめに対応しなければいけません。
自身でしっかりした業務管理が必要となります。

また、税理士会の行事や様々な集会への参加も必要となります。
そのような付き合いを全然しなくても、独立した資格なので特に問題ないとも言えますが、
税理士同士の横のつながりが希薄になると、
いろいろ相談する相手を見つけることのも難しくなってしまいます。
やはり税理士同士の横のつながりも重視した方が良いでしょう。

税理士同士の横のつながりが出来れば、客を紹介してもらうことも出来ます。
仲の良い税理士からの紹介だと、相談内容なども把握しやすいですし、
自分の得意とする相談の仕事を紹介してもらうことも出来るでしょう。
若い税理士が横のつながりをもち、税理士会に意見していくようなことも必要なのでは、
という、ある若い税理士さんの声もあります。

今後は、若い税理士が一致団結して、
税理士の業界をさらに発展させていく姿勢も重要かもしれません。