<税理士に求められるもの>

税理士事務所というと、決算をとりまとめて税務申告書を作成することが仕事と考えられ、依頼する側もそれだけで付き合いすることが多いようです。しかし、実際は決算対

策、税金対策、資金繰り、株主対策、金融機関対策、事業の再編、社会保険について、労使関係の悩み、取引先との交渉などなど、取引先からは実に様々な相談を持ちかけら

れることが多いものです。

こうした際、専門外なので、といって断るようでは、やはり顧客の信頼は得られないでしょう。顧客の立場に立って、親身に相談に乗ってあげられるようにするべきです。た

とえその場ですぐに答えることが出来なくても、少し時間をかけ、いろいろと代わりに調べてあげる、というくらいのことはしてあげるのが、良い税理士さん、というイメー

ジにつながります。

特に、経営上の意思決定に関することについて、まず一番にアドバイスを求められることが、税理士には多いようです。経営者と言うものは、相談する相手も無く、一人で悩

んでいるケースも多いものです。そうした経営者に対し、適切なアドバイスが出来る、経営コンサルタント的な役割も税理士には求められるのです。これには、豊かな人間性

も必要でしょう。人間性もまた、税理士にとっては重要な営業手段、というわけです。