日商簿記と税理士試験について

日商簿記を取ってから税理士試験を受けた方が良いのか?また、日商簿記の1級を持っていれば、税理士の簿記は合格しやすいのでは?と言われます。これに関しては、財務諸表と簿記論を受ける前に、簿記2級程度の素養があった方が良いに越したことはないようです。ただ、簿記の場合位が上がれば、税理士試験の簿記論の範囲以外のものが含まれてきますので、税理士試験を少しでも速くクリアしたい、といなら、多少遠回りになる可能性はあるみたいです。 税理士試験の受験資格には、短大または大学の卒業者(法律学または経済学に属する科目を履修している者)、大学3年次以上の者(法律学または経済学に属する科目を履修している者。ただし、取得単位制限あり)などと並び、「日商簿記1級、または、全経簿記上級の合格者」というものあります。日商簿記1級は、税理士試験の免除資格ではなく、受験資格の一つなのです。 日商簿記1級よりも、税理士試験の簿記論のほうが難しいと言われますが、ただ、試験範囲は違っています。日商簿記で頻出の連結会計の出題は、税理士簿記論では頻度が低く、また工業簿記・原価計算は出ません(費目別計算や総合原価計算の基礎的な部分は出ますが)。逆に簿記論では税金・税効果会計が重視されます。このため、税理士の簿記論で合格しても、日商簿記は2級しか持っていない、という人も結構多いようです。つまり、どちらが難しいかは、勉強する内容による、と言うわけでしょう。