補助税理士とは

開業税理士、または税理士法人の補助者として、税理士業務及び税理士業務に付随した業務を行う税理士が「補助税理士」ということになります。補助税理士は、自分が従事する開業税理士、または税理士法人が委嘱を受けた事案について、自らの名で税理士業務を行うことができる、とされています。ただ、補助税理士は、納税者等との法律関係を明確にするため、納税者等から直接委嘱を受けて税理士業務を行うことはできません。

補助者として従事する税理士は、補助税理士として登録を受けなければいけません。つまり、開業税理士として登録している税理士は、他の税理士又は税理士法人の補助者として従事することはできないことになります。開業税理士は、納税者等から直接の委嘱(共同代理)又は特別の委任(個別的な委任)を受けた場合以外は、他の開業税理士又は税理士法人が委嘱を受けた事案について、税理士業務を行うことはできないことになります。

補助税理士は、勤務する税理士事務所、税理士法人の補助者として、税理士業務等に従事する「税理士」であると同時に、その使用者である勤務先の指揮命令下において、税理士業務等に従事する「使用人」である、ということになるわけです。税理士として仕事を始めるに当たり、こうしたことも知っておくべきでしょう。