二代目税理士について

税理士には、もともと父親が税理士事務所を営んでいて、それを引き継ぐ形で、自然の成り行きで自分も税理士になった、という、いわゆる“二代目税理士”も結構多いでしょう。

二代目の場合、初めから事務所があるので開業の資金も要りませんし、いきなり社長になれるので、うらやましがられることも多いようです。


しかし、二代目ならではの悩み、問題もあるようです。

例えば、事務所を引き継いだ時点で、既に成熟した状態か、逆に衰退した状態の場合、自分の望むとおりの業態転換や、経営の建て直しが難しい、と言うことがあります。

また、従業員が前のままだと、先代と同じように、従業員が自分について来てくれるかどうかの問題もあります。

もしも、従業員が先代をかなり“信奉”していたなら、二代目になった時点で、従業員から見放されてしまう恐れもあります。


これ以外、自社株式を先代が占有していた場合、相続税の問題も生じます。

もしも、二代目として税理士の仕事を行っていこうと考えているなら、早いうちに、事業継承の対策、従業員の処遇などを考えておいた方が良いでしょう。

さらに、権利移譲、相続税などの法的手続きの仕方も良く知っておくことです。

できれば、事務所の経営・財務力が安定している間に、事業承継を考えるべきです。