勉強時間はどれくらい

あるところが紹介していた、税理士の資格取得のための勉強時間は、2500時間となっています。

公認会計士は3600時間で、これに比べれば少ないですが、司法書士、中小企業診断士(1000時間)、日商簿記検定1級(800時間)などと比べれば、多くなっています。

ある専門学校の、資格取得の難易度では、税理士は、S(超難関)の次の、難易度A(難関)にランクされています。

ちなみに、S(超難関)は、公認会計士、弁理士、司法書士などがあります。


これで見ても、税理士の資格取得は、公認会計士、司法書士と比べればまだ難易度は低いとはいえ、けっして簡単なものではないことが分かります。

税理士になるための勉強時間が2500時間として、単純に、一年以内に取得を目指すなら一日何時間、三年以内なら何時間、と言うように勉強時間を決めて勉強するのも一つの方法でしょうが、大事なのは計画を立て、しっかりペースを守ることでしょう。

また、復習、反復学習も大事なので、復習・反復学習の時間をきちんと設定するのもポイントになります。

 

どうしても自分で学習計画が作成できない、いざとなると、勉強に集中できない、というなら、通信講座を利用してみる方法があります。

それでも、勉強に集中できないのなら、専門学校に通うことでしょう。

自分に合った学習方法を見つけるのも大事なことです。