税理士の将来性

税理士の資格を取るのは、決して容易ではなく、場合によっては、資格取得に5〜8年くらいかかる人もいます。

これくらいかけて資格取得した後でも、果たして就職先はあるのか、と不安に思うかもしれませんが、実際は、重宝される資格なので、採用の可能性は高いものです。

特に、個人の会計事務所などでは採用してもらえる可能性は高いみたいです。

 

大手監査法人の場合、5年半くらいの勤務で退職する人が多いそうです。

このため、求人もこまめにチェックすれば見つけられるかもしれませんが、自分が長く勤務することを希望するなら、やはりそれなりに努力が必要となります。

特に正社員に昇格するには、どの法人も候補をふるいにかけるようです。


ある程度の実務能力を持っていれば、就職先も見つけやすいですし、育児休暇後などでも、すぐに再就職できるものです。

顧客を持っていれば、開業までは行かなくても、自宅で在宅ワークの形で仕事することは出来ます。

ただ、やはり5年以上もかけて資格取得となると、経済的にも厳しくなります。

精神面でも、維持し続けるのは結構難しくなります。

やはり、3年以内に資格取得を目指す、というように目標を設定した方が良いでしょう。

仕事も辞めて、勉強に専念するくらいの気持ちが必要です。