外資系の税理士法人って?

最近は日本でも外資系企業の進出が進んでいます。

外資系企業にあこがれる人も多いかもしれませんが、税理士法人でも、今は外資系が増えています。

外資系の税理士法人に就職を希望する場合、税理士の資格以外、やはりある程度の実務経験が求められるでしょうが、よく知られているように、外資系は能力第一主義のところが多いので、まずは、就職活動の際は、自身のやる気をしっかりアピールするべきでしょう。

また、なぜ外資系を希望するのか、という点を明確にしておくことです。

ある程度の英語のスキルが求められる場合もあるので、事前に確かめたほうが良いでしょう。

TOEIC900以上なら問題ないと思われます。

外資系への就職の際、重視されるのは、面接です。

国内でも面接は重要ですが、外資系には特有の面接基準があります。

国内では実績が重視され、学歴を最も重視するところも多いでしょう。

外資系の場合、戦力になるかどうかは、コミュニケーション能力で判断されます。

外資系の面接の場合でも、積極的な発言が必要です。

自分の語学力を誇示するくらいの勢いで、同時にしっかり空気を読み、ある程度過剰なくらいのアピールを行う事が望ましいでしょう。

外資系への就職を考えるなら、外資系企業が欲する人材である事を面接でアピールする必要があるでしょう。

それがそのまま、外資系特有の面接基準という事になります。


外資系への就職を考える理由として、昇進のしやすさや報酬の上がりやすさがあるかもしれませんが、しかし、社内トレーニングにしても、必ずしも成果を得られるとは限りません。

国内の場合、能力的に劣っていても、いきなりクビを切られる事は少ないものです。

しかし、外資系企業の場合はそのような温情はありません。

昇進の可能性が高いと同時に、若年層へのリストラ勧告も容赦なく行われる、ということは肝に命じておくべきでしょう。