公認会計士と税理士

税理士と並んで最近注目されている資格に、公認会計士があります。

2008年4月から、財務報告の信頼性確保のために義務付けられる制度として、報告書に対する公認会計士の監査証明が必要になりました。

これに伴い、公認会計士の業務はさらに広がりました。公認会計士は、企業の財務書類の監査・証明などを請け負うのが仕事です。

企業が作成した決算書類(財務諸表)を株主や投資家、銀行などに対して自社の財務・経営状態を公表する際、株主や投資家などに代わって、利害のない第三者として書類に虚偽や不備がないかを厳正な目で確認し、証明します。

これは公認会計士だけが出来る業務です。

これ以外、会計や経営戦略の調査・計画立案・指導を行ったり、株式公開に向けて、企業の状況を把握し、問題点の抽出や解決策の提示等、サポート・コンサルティング業務も行います。

日本の公認会計士は、無試験で税理士、行政書士登録を受けることができ(税理士法3条4号、行政書士法2条4号)、各団体に登録すれば、それぞれの名をもって各業務を行えます。

公認会計士になるためには、公認会計士の国家試験に合格しなければいけません。

それには、まず2次にわたる試験に合格した後、1年間の実務補習と2年間の業務補助等の経験を積むことが必要となりますす。

その上で、さらに第3次試験に合格することで、初めて公認会計士の資格を得ることができます。

決して簡単なものではありません。受験勉強を始めてから公認会計士になるまで3〜5年ほど必要といわれています。