税理士の就職事情

税理士として仕事するには、まずはやはり税理士事務所などに就職し、経験を積むことから始まるでしょう。

税理士の求人情報は、新聞、求人情報誌に掲載されることもありますが、これ以外、求人サイトでも、税理士などの専門職に絞った求人情報を掲載しているところがあります。

こうしたところをこまめにチェックすれば、税理士の求人を見つけることが出来ます。

税理士の本試験が終わった直後は比較的多く求人を見つけられるみたいです。

求人情報のサイトに登録して、スカウトされるのを待つとか、人材派遣の会社に登録して仕事を紹介してもらう、という方法もありますが、税理士のような専門職の場合、それなりの実務経験がないと、就職先を紹介してもらうのは難しいのが現状のようです。

まずは、未経験可、見習い可、というところに応募して、採用後、実務経験を積むことになりますが、実務経験がないなら、日商簿記2級を取得しておいたほうが採用されやすいようです。

学校に通っているなら、学校の方で就職の斡旋をしてくれるところもあります。

学校によってはいろいろと相談にも乗ってくれる場合があるので、積極的に活用することです。

就職の斡旋まではしてくれなくても、いくつか求人情報を学校の掲示板で紹介する、というところは結構多いので、こうしたところにも積極的に応募すれば良いでしょう。

勿論、今の世の中、税理士の資格だけでなく、パソコンのスキルなども必須なのは言うまでもありません。