税理士になるためにまずクリアすべきこと

税理士試験を受けるための受験資格は、以下のいずれかに該当している人になります。

1.大学や短大を卒業し、法律学もしくは経済学に関する科目を履修した人
2.指定の簿記関連の合格者
3.行政機関で税務に関する仕事に長く従事していた。銀行等で貸付運用等の仕事に3年以上従事していた。等その他。

税理士の試験は5科目をクリアすることで合格となる「科目別合格制度」となっています。

科目は全部で11科目あり、必須科目、選択必須科目、選択科目を組み合わせ、合計5科目を受験する「科目選択制度」です。

1回の受験で5科目全てに合格しなくても、1科目ずつ合格すれば良いわけで、ライフスタイルに合わせて受験計画を立てることができます。

「簿記論」と「財務諸表論」は必須科目なので、これから税理士の受験学習を開始する方は、まずこの2科目からチャレンジすると良いでしょう。

「所得税法」と「法人税法」いずれかに必ず合格しなければならなりません。

実務に役立つ科目であるため、両科目の合格が理想ですが、それぞれ学習量は相当のボリュームとなります。

短期合格をめざすなら、いずれか1科目。
将来のことを考えるならば2科目。
しっかりと学習計画を立てることです。

選択科目は「相続税法」、「固定資産税」、「消費税法」または「酒税法」、「国税徴収法」、「事業税」または「住民税」となっていますが、相続税法と消費税法は、税理

士業務で重要な科目です。

ただ、消費税法は、1月からスタートしても合格レベルに到達できるので、合格発表後にチャレンジすることも可能です。