税理士に求められるもの

税理士というのは、税金に関する税務代理業務、税務書類の作成代行業務、節税等の税に関する相談業務、税に関するあらゆる業務を行います。

税に関する業務は税理士にしかできない「独占業務」であり、資格のない人が行えば、例え無償でも罰せられます。つまり、税理士の仕事は法律で守られているのです。

税理士の仕事は、税務代理や税務書類の作成など、労務提供型の仕事以外に、最近はデータを分析し、その結果に基づいて未来の利益計画や予想税額など、経営の安定のために役立つ様々な提案を行う情報提供型業務へ移行してきています。

税理士は、企業の経営状況を把握し的確なアドバイスを行う、税務・経営コンサルタントとしての役割も重要となってきているのです。

さらに、会計参与や電子申告などの新しい制度も登場し、時代の流れに応じて活躍のフィールドもさらに広がろうとしています。

税に関する専門家であると同時に、専門知識を活かし、企業経営に役立つ適切なアドバイスも出来る人。
これからは、こうした税理士が求められるでしょう。

景気の先行きが不透明な中、税金面でも、出来るだけ節約を心がけたい、と考える経営者も多いはずです。

そのような人たちに対し、役立つ情報提供、アドバイスが出来れば、信頼も得られ、長く付き合ってもらえることになります。